YouTube|チャンネルとアカウント、どう違うの?

YouTubeにおける「チャンネル」と「アカウント」の違いを説明します。

私はYouTubeを見る側としてよく利用します。
(言い換えると、動画配信者としては利用していません。)

 

YouTubeには「再生リスト」というリストを作成できます。

画像で表すとこのような画面です。
↓  ↓  ↓

「ライブラリ」をクリックすると自分が作成した「再生リスト」が表示されます。

見たい動画を整理したい場合、基本、これで満足だと思います。

でも、私の場合、「再生リスト」を作りすぎました。

だから、プライベート系動画と、ビジネス系動画で分けたいなと思ったのです。

そんな時、「チャンネル」を分けれないかと思いました。

ここでは、「チャンネル」を分けて「再生リスト」を見る方法をお伝えします。

でも、先に結論を言ってしまうと、
「新しいチャンネルを作成」すればOKです。

いちおう、以下に、詳細を説明します。

 

YouTubeの「チャンネル」と「アカウント」の違い

これから解説する方法は、スマホのみを使う方法です。
(パソコンは使いません。)

なお、YouTubeアプリは使いません。

 

では、まず、
スマホのブラウザで、SafariGoogle Chrome を開きます。

URLを入力する欄に、 youtube.com と入力します。

すると、次のような画面になります。

そして、「V」の箇所をタップ。
すると、次のような画面になります。

 

Safari の画面

↓Google Chrome の画面

新しいチャンネルを作成アカウントを追加(アカウントの管理)」と表示されます。

ここで、疑問に思います。

「チャンネル」と「アカウント」はどう違うの?

 

「アカウント」は家で、「チャンネル」は住んでる家族
みたいなイメージです。

「アカウント」を作るには、その都度、メールアドレスを作る必要があります。

「アカウント」を作るのには、メールアドレスを作成しないといけない、という手間がかかります。

でも、「チャンネル」を作るのは簡単。

すでに持ってるメールアドレスのアカウントに、気楽にチャンネルを増やしていけます。

 

例えば、1つのチャンネルで「再生リスト」を作りすぎて、
「プライベート系」と「ビジネス系」で再生リストを分けたいな。

こんな場合は、チャンネルを増やして、「ビジネス系チャンネル」みたいなチャンネル名にすると良いかもしれません。

 

コメントは受け付けていません。