自分に対して悪口を言っておきながら、自分から離れず近寄ってくる理由は○○だから

現代では文章だけでなく動画を使った情報発信の手段も使われてきました。

動画の情報発信の手段としては、「Youtube」と「ニコニコ動画」が有名ですね。

でも、そういう人たちの中には、悪口を書かれて苦しんでいる人も多いようです。

「顔が気に入らない」とか、「しゃべり方がうざい」とか。

 

頑張って情報発信して目立ってくると、悪口を言ってくる人が増えてきます。

しかも、応援してくれる人よりも、悪口を言ってくる人の方が声がデカかったりするから困りモノ。

 

 

ただ、基本的には、そういう声は無視が良いのかと。

自分が良い情報を出しているという信念があるのであれば、誹謗中傷のレスポンスにビビって、足を止める必要は1ミリも無いです。

 

悪口を言ってくる人は、一時的な気分として優越感にひたれるから言っているんです。

他人を揶揄して見下すことで、自分が相手より優れている気分になれますからね。

 

でも、賢い人は他人の悪口を言ったりしません。

なぜなら、悪口を言うことは、優越感にひたる行為ではなく、人間としての品格を落とす行為だと理解しているからです。

悪口を言うことで、自分にデメリットとして返ってくるから、悪口を言いそうになったとしても、実際に言うことはしないんです。

 

情報発信を続けて目立ってきた時に、自分に対して悪口を言う人は、人生がうまく行っていない人です。

 

人生がうまく行っていないけど、うまく行かせる方法が分からず、

でも、他人より優れていたいと思う人間の本能はあるから、

相手を見下すことで、一時的な優越感にひたろうとしています。

 

例えるなら、
梅干しが視界に入ったからヨダレが出た。

というレベルの人です。

(本能的に従うままに生きている人という意味)

 

そんな悪口を言う人からの対応は、「無視」。

これだけ。

 

梅干しが視界に入っても、意識的にヨダレを出さないこともできるはずです。

人間的に賢い人なら、この場面で本能的な反射をしていいのか見極めることが出来ます。

 

 

 

あと、情報発信者の中には、
「自分のことが嫌いなら関わらないでください。」

「なんで、悪口コメント書くくらい嫌いなのに、自分に関わってくるか意味不明です。」

 

と言っている人がいますが、

これについては、意味不明ではなく、意味が明確だと思ってます。

 

気に入らないと思って悪口言ってくる人が、それでも、自分と関わってくる理由は、その人が輝いているからです。

 

なんか楽しそうにしてる、とか、
なんか一生懸命やってる。

という輝いている人に、人は引かれます。

 

明るく輝いている人に人は引かれるし、暗い人には近寄りたくないんです。

これも人間の本能。

これが、自分に対して、気に入らないと思って悪口言っておきながら近寄ってくる理由だと思います。

 

逆に、

一生懸命に情報発信しておきながら、だれも悪口を言ってくる人が現れなかった場合。

それは、まだ自分に一生懸命さや、人間としての輝きが足りないということです。

 

 

コメントは受け付けていません。