仕組みの中で働くか、仕組み作るために働くか

工事中現代では生きていくのに金が必要です。
金が無くなれば、食べるものが買えなくなり、住み家も失います。

金の切れ目が生命の切れ目なんです。

日本では、ありがたいことに、普通に働いていいれば、お金がもらえます。

別に、会社の正社員じゃなくてもいいです。
バイトでも良いので、普通に働いていれば、15万円くらいは、毎月お金を稼ぐことができます。

15万円あれば、普通に生きていけます。
でも、贅沢はできません。

あなたは、贅沢な暮らしがしたいですか?

ここから先は、贅沢な暮らしがしたい人だけ読んでください。

・ ・ ・

・ ・ ・ ・

多くの人は、高校や大学を卒業後、企業に就職すると思います。
でも、多くの人が自分の収入に不満を持っています。

「もっと、給料あげてくれよ。」

こう思っている訳です。

収入が上がる機会って、年に1回ですよね。
多くても、半年に1回です。

そして、どれくらい給料がアップしますか?
毎月の給料が、5,000円~10,000円アップすれば良い方ではないでしょうか?

ひどい時は、1円もアップしない時あります。
「あなたの給料については、昇給は無し。今年も去年と同じ給料で働いてね。」
こんな事を会社から言われることも珍しくありません。

なんで、こんな事が起こるかというと。

収入の決定権は、あなたではなく、会社にあるからです。

あなたが契約をバリバリ獲得してくる営業マンでない限りは、毎月の給料を自分でコントロールする事ができないんです。

給料が20万円と決まっているなら、今月いくら頑張って働こうが、20万円の給料しかもらえないんです。

(仕事をサボっていても、20万円もらえるところがメリットではあるのですが。)

残業をすれば、残業代がもらえますが。
「20万円の給料に、プラスアルファのお金が欲しいから残業する」
そんな考えは、おかしな考えだと思います。

ここで重要なことをお伝えします。

会社の中で正社員として働く、あるいは、アルバイトとして働く。
このような働き方は、「自分の時間を切り売りする働き方」です。

1ケ月働けば20万円とか、1時間働けば1,000円とか。

このような働き方は、会社組織のような、仕組みの中で働く方法で、このような働き方をしている限りは贅沢な暮らしができるだけのお金は稼げません。

まあ、会社の役員にでもなれば、贅沢な暮らしができるだけのお金がもらえるのかもしれませんが、若い年齢で会社の役員になることは難しいでしょう。

日本では、どんなに仕事ができる人でも、若い年齢の人が偉い役職に就くことを好まない文化がありますからね。

じゃあ、どうすればいいか?

「仕組みの中で、自分の時間を切り売りする働き方」ではなく、「仕組みを作って、その仕組みを働かせる」。
そんな働き方をすればいいんです。

例えば、不動産のオーナーになる方法も良いでしょう。

いい土地を見つけて、そこに1,000万円くらいかけてアパートを建てます。
そして、そのアパートに人を住まわせれば、毎月、家賃収入が得られます。

あなたは、自分が働かなくても、勝手にお金を稼ぐことができるんです。

これが、「仕組みを作って、その仕組みを働かせる」という、やり方です。

1,000万円なんてお金無いよ。
と思うかもしれませんが、例えばの話です。

別に、お金が無くても、「仕組みを作って、その仕組みを働かせる」やり方はできます。

重要なのは、「仕組みを作って、その仕組みを働かせる」ビジネスモデルを見つけて、実行することです。

「仕組みを作って、その仕組みを働かせる」ビジネスモデルなんて、いくらでもあります。

ここで。
「仕組みの中で、自分の時間を切り売りする働き方」と、「仕組みを作って、その仕組みを働かせる働き方」の違いが分かる動画があるので紹介します。

あなたは、この動画を見ても、「自分の時間を切り売りする働き方」をしますか?

あるいは、「そうは言っても、自分の時間を切り売りする働き方しか見つからないから、このまま会社で働くんだ。」
と、思うのでしょうか?

コメントは受け付けていません。