ハマれること(没頭できること)を見つけよう

ファイティングポーズ 

個人がビジネスをする場合は、なるべく小資本で、在庫を持たないビジネスで始めるのが良いです。
そして、どんな内容でビジネスをするかですが、「好きなこと」を人に教えて、その対価としてお金をもらう方法が良いと思います。

一般的なお金稼ぎの方法は、会社に勤める方法ですが、会社に労働を提供する形でお金を稼ぐ場合、上からの命令で好きでない事もしないといけないですよね。

でも、自分でビジネスをする場合は、仕事の命令をするのは自分自身なので、自分の好きなことだけやって、それを誰かに提供して対価としてお金をもらうことができます。

ここで、音楽やスポーツが好きで、それを人に教えることができれば良いのですが、そもそも好きなことが何なのか分からないという人がいます。

その場合は、何かに没頭できることが見つかれば、それが好きなことになるのではと思います。

ちなみに、ホリエモンは著書『ゼロ』において、こんなことを言っています。

・人はなにかに「没頭」することができたとき、その対象を好きになることができる。

・人は「仕事が好きだから、営業に没頭する」のではない。
 順番は逆で、「営業に没頭したから、仕事が好きになる」のである。

なるほど、「好きなことはなんだろう」と考えるよりも、「没頭できることはなんだろう」と考えてみて見つかれば、それが好きなことなのかもしれませんね。

あと、ホリエモンは、行動に対してTwitterで次のような発言をしています。
「努力してやるんじゃなくて、ハマるからやれるんだ。」
このようなニュアンスの発言をしています。

ビジネスで成功する人は努力家ではなく、その仕事にハマったから成功したのだと思います。

ちなみに、私は最初、どんな「好きなこと」を人に教えてビジネスをすれば良いか悩みました。
最終的に「お金儲け」することを人に教えよう。
という着地をしましたが、好きなことよりも、ハマれること(没頭できること)は何かを考えた結果、自分が納得できる考えにたどり着きました。
その時の思考の流れはこんな感じでした。

好きなことを人に教えることでビジネスしたい!

好きなことはなんだろうと考える

好きなことが見つからないので、ハマれること(没頭できること)は何かを考える

「お金儲け」ならハマれそう! と気づく

好きなことを考えて見つからない場合は、ハマれること(没頭できること)は何かを考えてみれば良いと思いますよ。

コメントは受け付けていません。