願いを叶えてくれる「ジーニーちゃん」

ランプの魔人願いを叶えてくれる「ジーニーちゃん」という話をします。

人は誰でも、自分の中に「ジーニー」がいます。

願いを想えば、それを叶えてくれるんです。

「ジーニー」というのは、ディズニー映画「アラジン」に出てくるこいつです↓

ジーニー

「ジーニー」はとてもIQが異常に低い。(つまりバカ)

でも、「こうなりたい」・「こうなったらいいな~」という願いを何でも叶えてくれる、とてつもないパワーを持っています。

 

でも、IQが異常に低いバカなんで、善悪の区別もつきません。

例えば、試験合格に向けてかんばっているときに、「試験に落ちたらどうしよう。」と想ったら。

「かしこましましたー、
ご主人さま~、お安い御用です
試験に落ちるようにしますねー」

と、試験に落とします。

スポーツの試合で頑張っているときに、「試合に負けたらどうしよう。」と想ったら。

「かしこましましたー、
ご主人さま~、お安い御用です
試合に負けるようにしますねー」

と、試合に負けるようにします。

多くの人は、意識しなければ、将来の危険に備えてネガティブなことを想ってしまいます。
そうすると、「ジーニー」がネガティブなことを実現させてしまうため、それが夢を叶えることができなくなっています。

では、どうすればよいか?

例えば、街を歩いていて、高級タワーマンションが目にとまり、「こんなマンションに住めたらいいな~」、と思った場合。

多くの人は、「こんな高級タワーマンション、住みたいけど、住めるわけないよな~」と想ってしまいます。

でも、それでは、夢は叶いません。

でも、こう願うと夢が叶います。

「こんな高級タワーマンション、普通は住めないと思うけど、私なら住めちゃうと思うんだよな~

「ジーニー」は、超バカなので、最初の言葉は覚えていません。
最後の言葉だけ覚えることができます。

なので、願いごとの最後にポジティブな表現で想えば、最後の表現を「ジーニー」は覚えてくれて、叶えてくれるという訳です。

ちなみに、「ジーニー」の正体は潜在意識です。

「ジーニー」という潜在意識を手なずけて、「ジーニー」のパワーを利用してみましょう。

コメントは受け付けていません。