不安の正体と対処法

不安不安の正体と対処法について。

不安って、誰でも持つ感情ですが、これって厄介ですよね。

だって、不安に思うと身がすくんで、どうすれば良いか分からなくなりますからね。

仕事でもスポーツでも、不安に思っているときってパフォーマンスが落ちませんか?

 

不安になっている時って、ネガティブな気持ちの状態で、メンタルが弱まっている状態です。

そんな時って、いい仕事ができないし、パフォーマンスが落ちます。
何をやっても上手くいかなかったりしますよね。

だから、不安にならなければいいんです!

・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・

と、こんな事を言うとツッコミが来そうですね。

「不安にならなきゃいい、って言われたって、不安になるんだから、しょうがないじゃないか。」

そのツッコミはもっともですね。
不安に思っても、いい事ないから、不安に思わなければいい。

そんなふうに、論理的に理解していて、頭では分かっているのに、不安を消すことは難しいですよね。

基本的に、論理で感情を上書きすることって、めっちゃ難しいです。

不安な感情を持っているのに、「不安に思っちゃダメだ」という論理で上書きできるのは、まずできないと思った方が良いです。

なぜかというと、「不安に思っちゃダメだ」と思っても、その手前の深層心理で「不安だ」と思っているからです。

感情を論理で上書きできるのは、悟りの世界を極めた人間くらいだと思ってます。

では、不安に思わなくするには、どうすれば良いか?

ここで、不安の正体について、お伝えします。

不安って、どういう時に感じるかというと。

自分でコントロールできないものに目を向けた時に不安を感じるんです。

例えば、恋愛の場面において、メールで好きな人に告白したとしましょう。

その返信がくるまでの間って、めっちゃ不安じゃないですか?

「いま相手がどういう気持ちなのか。自分のことをどう思っているのか。好きなのか。」

それを考えると不安になります。

でも、それを考えたって相手をコントロールできないんですよ。
対処法としては、見返りを求めないというか、たいして期待しないことが大事です。

あと、例えば、相手のために何かしてあげた場面。

相手のために何かしてあげて、見返りを求める人がいますが、そういうのって、見返りが返ってくる間に不安になりませんか?

見返りを求めるってことは、自分でコントロールできないことに意識を向けているから不安になるんですよ。

それよりも、無償の精神。

相手に何かを期待しないで、やってあげることが大事です。

最後に、ビジネスにおける不安の解消法をお伝えします。
今回は、ビジネスのスタートアップ期(軌道にのせる立ち上げ期)に焦点を当てます。

ビジネスの立ち上げ期では、まず1円を稼ぐことが目標ですが、この1円を稼ぐことが難しいです。

この難しくさせていることの要因に不安があるんじゃないかと思います。

もうちょっと、的を絞ると説明しやすいので、サイトで稼ぐ系のビジネスの話をします。

サイトやブログで稼ぐ場合。
やった事がない人は、まずブログを作成するのが大変だと感じます。

そして、最初は6時間~12時間くらいかけてブログを作成するかもしれませんが、一生懸命やって、やっとブログを作っただけに期待しちゃうんですよね。
「アクセス来ないかな~。報酬発生しないかな~。」って。

それは、期待するだけムダです。
まず報酬は発生しません。

ブログを作成したら、あとは訪問してきた人がどう思うかです。
それは、自分でコントロールできない次元です。

自分でコントロールできないことに意識を向けたって不安に思うだけで、無意味どころが有害です。

不安な気持ちで仕事に取り組んだって、パフォーマンスが落ちるだけで、有害でしかない訳です。
最悪の場合、手が止まります。

スタートアップ期(軌道にのせる立ち上げ期)は、とにかく数を増やしてブログを量産しまくる事が大事なのに、逆に、数を減らしていたら1円も稼げないのは当然ですよね。

それよりも、いま立ち上げたブログのことは忘れる。

自分でコントロールできることって、次のブログを立ち上げることじゃないですか。

だったら、例えば、30サイトなり、60サイトなり、120サイト作って、量産していけばいいんですよ。

成功している人は、自分でコントロールできないことに焦点を当てていません。

自分でコントロールできることだけに焦点を当てて、精いっぱいやるのが大事です。

コメントは受け付けていません。