やるを決断する。やらないを決断する。

決断する

会社に属さず、雇われの身でない状態で働くと、ほんと自由な時間ができます。

ただ、自由すぎるので好き勝手やってしまうんですよね。

これが会社で働くとなると。
「9時から18時まで働きなさい。」とか、「この業務を担当に仕事しなさい。」とか、決めてくれる訳です。

雇用されている身なので、会社から給料をもらう代わりに、会社が決めた時間で働き、会社から与えられた仕事をこなさなきゃいけない。

ところが、雇われの身ではなく、自分の意思で働く “起業家的なスタイル” な働き方にすると、何もかも自由。

だから、日々、日常の決断が大事になってきます。

日常の決断は、1時間ごとにやってもいいくらい。
頻繁に決断が必要になってきます。

なぜ、日常の決断が大事か?

それは、決断しなければ、感情に左右されてしまうからです。

感情に左右されると、人間はラクな方に行きます。
私の場合、食欲・睡眠欲・性欲の塊になります。(人間の3大欲求ですね。)

疲れたから寝よ~。
お腹すいたから食べよ~。

みたいな人間になります。

感情に任せてしまうと、生命を維持することだけに意識がとらわれてしまいます。

これが、会社勤めだったら、働く時間は決まっている訳ですから、眠かったら、眠気覚ましのエナジードリンクを飲んででも頑張りますよね。

“起業家的なスタイル”の働き方だと誰も決めてくれる人がいない訳ですから、自分で決める必要があります。

今からこれをやる。
今はこれをやならい。

この決断が大事です。

特に、やらない事の決断が大事だったりします。

細かい話で言うと。
「1日6時間寝れば、十分すぎるくらい寝ているので、それ以上は寝ない。」とか。
「街に遊びに出かけたいんだけど、今は遊びには行かない。」とか。

逆に、「3日後の午後は、街に遊びに行ってもよい。」と決断するのも良いです。

すると、「街に遊びに出かけたいんだけど、今は遊びには行かない。」という決断が達成しやすくなったりします。

大事なことなので、もう一度言いますが。

やるを決断する。やらないを決断する。

この日常の決断が大事です。

これをしないと、その瞬間の、人間の動物的な感情(ダルイから休もうみたいな)左右されて時間をムダにすることになります。

人間の生存本能って強力です。

毎時、決断しましょう。

コメントは受け付けていません。