インターネットビジネスでお金を稼げる人と稼げない人の違い

金

私が住んでいる場所の近くに交通事故が多発する交差点があるのですが、さっきその交差点を渡ろうとしたところ、車にひかれました(´;ω;`)

青信号で自転車で渡っていたところ、交差点を曲がってきた車とぶつかって、ふっと飛ばされました。
しばらく立てない状態でしたが、少ししたら普通に歩けるようになったので良かったです。

さて、今回は「インターネットビジネスでお金を稼げる人と稼げない人の違い」という話をします。

2015年12月は給料が4回ありました。
年末はみんな物を買う時期で、年末商戦効果があったためいつもより入金の回数が多かった影響もありますが、一番は「お金儲けすること」を頑張ったので、その成果が出たのだと思います。

私は2013年5月ごろからビジネスを始め、2013年は1円も稼げませんでしたが、2014年の後半から少しは稼げるようになり、今月、2015年12月は4回も収入があり、成長していると実感しました。

前回の記事で、好きな事をビジネスにしよう!
でも、好きな事が見つからない場合は「お金儲け」を好きなことにしてビジネスをしよう!
といったニュアンスの記事を書きました。

誰だって人生でやりたい事はあるはずです。
例えば、
高級マンションに住みたい!とか、
地球にある世界遺産を全て見て制覇したい!とか、
各国にあるディズニーランドに全部行ってみたい!とか、
世界中の一流のレストランの料理を全部食べてみたい!とか。

いっぱい、やりたい事がありますよね。

でも、それを叶えるにはお金が必要です。
お金を稼げば実現できることが増えていきます。
だからお金を稼ぐ事が重要なのです。

そして、21世紀の今は、個人がビジネスをするにはインターネットを使うことが必須です。
ビジネスにはうまくいかない事がつきものです。
インターネットを使ったビジネスなら小資本でビジネスができるので、失敗し放題。
金銭的なリスクはないので、何回でもチャレンジすることができます。

でも、インターネットビジネスで実際に稼げる人は僅かだと言われています。
およそ95%の人が5,000円も稼げていないと言われています。
インターネットビジネスで稼げない人はなぜ稼げないのか?
理由は3つあると思います。

①なんとなくお金を稼ぐことが悪いことだと思っている。
②お金を稼がなくても大丈夫だと思っている。
③インターネットビジネスなら簡単にお金を稼げると思っている。

 ①なんとなくお金を稼ぐことが悪いことだと思っている。
日本の教育では実務的なビジネスについて学ぶことはありません。
それどころか、お金を稼ぐことが悪いという文化や、誰かからお金をもらうことがあまりよくないと思う傾向があります。
しかし、お金を稼ぐことが悪いと思っているうちは、お金を稼ぐことはできません。

 ②お金を稼がなくても大丈夫だと思っている。
例えば、普段サラリーマンやOLをやっていて、もっとお金があったら嬉しいなと思って副業でインターネットビジネスを始めたとしましょう。
しかし、そのように、「もっとお金があったら嬉しいな。」くらいの気持ちではお金を稼ぐことはできません。
インターネットビジネスは始めてもすぐに稼げるようにはなりません。
いろいろと失敗を繰り返してやっと稼げるようになるものです。
なので、「もっとお金があったら嬉しいな。」というのは、「いまのままでも生活できるけど。」という気持ちが前提にあります。
別に稼がなくても暮らしていける、という気持ちが少しでもあるうちは稼げるようにはなりません。

 ③インターネットビジネスなら簡単にお金を稼げると思っている。
インターネットビジネスは簡単にお金を稼げると言う人が多くいますが、それはリアル店舗を構えてビジネスをする場合と比べると簡単に稼げるという意味です。
また、楽して稼げると言う人も多くいますが、それは最終的に楽して稼げるようになるが、楽して稼げるようになるまでは頑張って稼ぐ努力をしないといけないという意味です。
簡単に稼げるとか、楽して稼げると思っているうちは稼げるようになりません。

これら3つの気持ちをもっているうちは稼げるようにはなりません。
全体の95%と言われている稼げない人になってしまいます。

逆に、残り5%の稼げる組に入るには、稼がなければならない理由が必要だと思います。
どうしてもお金を稼がなければならない理由を持っている人だけが稼げるようになると思います。

コメントは受け付けていません。