欲しくてしょうがなかったものが手に入ったら、いったん冷静になる

冷静

「恋人が欲しいな。」って思って、一生懸命に探して。

そして、ようやく「この人いいかも。」って思う人に出会って、一生懸命にくどいて、ご飯とか行ってデートしたりして。

そして、みごと恋人成立、ってなった時。

すごく嬉しいですよね。

いままで、「自分のこと、どう思ってるの?好きなの?嫌いなの?」っていう不安からくるドキドキ感だったのが一変。
安堵の喜びに満ち溢れるわけです。

で。

これは私だけなのかもしれませんが、急に、その恋人に対して素っ気ない態度をとるようになります。

具体的には、あまりメールの返信を返さなくなったり、会うのは1ケ月に2回くらいにするようにしたり。

心理的には、「もうお互い恋人同士なんだから、あまり会話しなくても大丈夫なはずだ。」という心理。
あとは、「あなたの事は大事だけど、自分1人のプライベートな時間も大事。だから、メールも即返信なんてしないし、デートも少なめでいいでしょ。」という心理です。

あくまで、私だけなのかもしれませんが。

そういう態度をとると結果として、2週間も経つと音信普通になり、自然と別れているという始末。

恋人がいなくなった事にショックを受け、また別の恋人を探し出す。
そして、「この人いいな。」って思った人を見つけて、色々とくどいて、ようやく恋人成立、ってなると、満足感にみたされて、翌日からは、また素っ気ない態度をとる。

結果、2週間も経つと自然と別れているという始末。

以降もその事の繰り返し。。。

何が言いたいかというと。
欲しいものが手に入ったとき、そこからがスタートで、欲しいものが手に入った時点で満足してはいけない、ということ。

もしかしたら、男性に多いのかもしれませんね。
手に入るまでは狩猟本能が働いて一生懸命になるんだけど、手に入ったら急に覚める感じ。

ビジネスの場面でも、これと同じ現象が起こります。
ビジネスといっても自分が仕掛ける立場ではなく、仕掛けられる側の立場のケースですが。

毎年、4月・7月・12月の1ケ月前くらいになると、新生活のスタートや会社からボーナスをもらって財布のヒモが緩くなっている人をターゲットにして、色々とビジネスキャンペーンが始まります。

例えば、4月の場合だと、新生活応援キャンペーンと称して家電製品のセールが盛り上がったり。
12月の場合だと、年末年始キャンペーンと称して、年末商戦合戦が繰り広げられます。

仕掛ける側としては、消費者心理をゆさぶる、あらゆる戦略を仕掛けてくるのです。

そして、心理をゆさぶられ欲しい欲求が最大限まで高まった消費者は、実際に購入するのですが、購入して満足して実際に買ったものを使わない人も多くいます。

買ったら、活用しないと意味ないでしょ!

この現象はネットビジネスの世界でも起こっています。

例えば、稼げる系の商材を売る人は、セールスレターに消費者心理をゆさぶるコピーを書き、ダイレクトレスポンスマーケティングといった手法で、消費者の購買意欲をかきたてます。

そして、購入した人は、その稼げる系の商材を活用するかというと、活用しないんですね。
すっごく欲しいと思ったものが実際に自分のものになり、そこで買って満足しちゃうんです。
全員がそうとは言いませんが。

実は、私も最初はそうでした。

これ欲しいと思った商材を手に入れるまでは必死になるのですが、手に入ったら、「ふ~。これで安心だ。」と思って、その商材は放置。何もやらない。

これ、意味ないですよね。

私は、この防衛策として、気を付けていることが2つあります。

1つ目は、「その商材を買う目的を持ってから買う」

仕掛ける側としては、これ買ったら、楽してお金が手に入るよ系のうたい文句を言ってきますが、その未来の世界が待っていることは、ほどほどに受け止めて、それよりも、「これ買ったら、どんな事を学べるの?」ってポイントを見ます。

例えば、その商材を買ったらコピーライティングの技術が身につくと分かったら、「コピーライティングを身につける目的があるから、この商材を買うんだ。」と思って、目的を持って買います。

そうして目的意識を持てば、その目的に向かって自然と実践できます。

2つめは、「いったん冷静になる」

新しいものが手に入った瞬間って、新鮮な気持ちになるし、ワクワク感が高まります。
でも、その急激な気持ちの高ぶりは、変な満足感につながってしまいます。
満足感に満たされると、ハングリー精神がなくなり、そこから行動しなくなります。

だから、いったん冷静になった方が良いです。
「よし、まずはスタート地点に立った。ここから着実にステップ・バイ・ステップで実践して力を身に付けていこう。」
そう冷静に思った方が良いです。

スタート地点に立っただけで、実践しなかったら、購入する前の自分と何も変わらないですからね。

「買って満足ではなく。稼いで満足しろ。」
こんなことを言う人もいます。

とくに稼げる系商材を手に入れたときは、これから自分のビジネススキル(稼げるスキル)が身について成長していけるきっかけをつかんだに過ぎない

スタート地点に立っただけで、いまの自分は、購入前の自分のレベルとなんら変わっていない。

そう、冷めきった気持ちで、冷静に現状の立ち位置を理解した方が良いです。

まだスタート地点につっ立っているだけ。
それを理解しましょう。

そこを理解したら、次にスタート地点から1歩を踏み出しましょう。
着実に実践して、小さな成長と、小さな成功体験を積み重ねていきましょう。

そうすれば、その商材を買っていなかった過去の自分から見れば、今の自分はモンスターみたいな強大な実力者になっているはずです。

頑張っていきましょう。

コメントは受け付けていません。