モノを買うときの2つの心理状態をつかもう

モノを買いたくなるとき

人がモノを買うときの2つの心理状況をお伝えします。

モノを買うときは、どんな時でしょうか?

・・

・・・・・

それは、「欲しいな」って思った時です。

セールスする場合、「欲しいな」って思っている人にモノをサッと差し出せば買ってくれます。

なので、集客で意識すべきは、「欲しい」と思っている人を集めてそこでセールスすればモノを買ってくれます。

ブログで集客する場合、欲しがっている人はどうゆうキーワードで検索してくるかを考えて、そのキーワードで記事を構成すれば、欲しがっている人が集まってきます。

もう1つ、押さえておくべき心理状態があります。

それは、人は、モノを買うとき、「必要だ」と思ったときも買うという事です。

例えば、赤ちゃんが生まれてオムツを買うとき、ってどういう時でしょうか?

「欲しい」というより、「買わないといけない」という理由で買いませんか?
つまり、「必要だから」買っている訳です。

まとめると。

人がモノを買うときに思う心理は2つ。

欲しいと思ったから

必要だと思ったから

そして、セールステクニックとしては。

・最初から欲しいと思っている人を集客する

・不特定多数の人に欲しくさせるには、半強制的に必要だと思わせる

半強制的に必要だと思わせる」。
これをするには、メルマガやブログ記事に前振りをしておくことが大事です。
そして、必要だと思わせるんです。

欲しくさせると、売り込み臭くなってしまいます。

でも、必要性に気づかせて、必要だと思わせる
すると、押し売り感もなくなり、セールスが上手くいくんです。

ちゃんとした根拠をもとに、必要だと気づかせる、心理的な深堀をしてあげるのがポイントです。

セールスする時は、「欲しいと思っている人」もしくは、「必要だと思っている人」にセールスする。

そして、必要性に気づかせてあげる(必要だと思わせる)
すると、押し売り感がなくなり、セールスが上手くいくという訳です。

コメントは受け付けていません。